夢の発毛剤、ミノキシジルは副作用を知ってから利用しましょう

ミノキシジルの効果

herbal medicine

ミノキシジルの副作用の説明をする前に、ミノキシジルの本来の作用機序について知っておきましょう。
ミノキシジルの作用を知ることで、自然と副作用の可能性も見えてきます。知っているのと知らないのでは症状を自覚する早さに大きな差が出てきますので、ミノキシジルについて正しく知っておきましょう。
ミノキシジルは、そもそも血管を拡張する薬として発明されました。最初の内は高血圧の治療用として使用されていましたが、後に薄毛治療にも効果があるということが判明し、今は薄毛治療の薬として使用されています。
身体が必要としている栄養は血液で全身に運ばれますので、血液の循環を助けるミノキシジルは髪の毛にもいい影響をもたらします。
頭皮の血管の血行をよくすることによって、髪の毛の成長を促進するのではないかと言われています。
最新の研究では、ミノキシジルは血管を拡張するのではなく、血管を新しく作る作用があるのではないかと言われています、
ミノキシジルを頭皮に塗ることによって、頭の血管を増やし、髪の毛の成長を促進させるのではないかと考えられています。
実はミノキシジルはまだまだわからないことも多く、副作用についても調査が続けられている状態なのです。

ミノキシジルが髪の毛に関する血管を増やし、発毛を促進するのであれば、さまざまな副作用が予想されます。
まず、実際に症例が多く確認されているのが頭皮のただれやニキビなどです。
ミノキシジルと頭皮が反応し、過敏に反応することで肌荒れに似た状態になってしまいます。
これらは薬品と肌の反応によって起こる、表面的な副作用です。
ただ、ミノキシジルを頭皮から吸収したとき、頭皮の結構が良くなっていますので、ミノキシジルは全身に効率よく運ばれてしまいます。
ゆえに、表面だけでなく内面的な副作用に見まわれ、重篤な状態になってしまう可能性もあるのです。